このエントリーをはてなブックマークに追加

帰国したら早めに配ろう

楽しい海外旅行から帰国をしたら、早めにおみやげを配ってしまうことをおすすめします。
それはなぜかというと、やはり早めに配ってしまわなければ、おみやげの手渡しがずるずると先延ばしになってしまうからです。
海外旅行というのは国内旅行に出かけるよりも遥かに疲れるものですから、帰国をしたら少しゆっくり休みたいと思ってしまうことがほとんどです。
しかしそうなると、後でいいやという考えが起きてしまい、最悪の場合おみやげを渡さないで終わってしまうというようなこともでてきますから、そのようなことの無いように充分注意をしてください。
多少なり渡す時期が遅くなってしまっても問題はありませんが、あまりにも海外旅行から期間が空いてしまうと、一体いつのおみやげなのだろうと相手に不快な思いをさせてしまうことになります。
食べ物などの場合には賞味期限がありますので、余計に嫌な思いをさせてしまう恐れがありますから充分に気をつけてください。
遅くとも帰国後三週間以内にはおみやげを渡すことが鉄則となってきますので、この点については良く心得ておかなければなりません。
海外旅行のおみやげというのは早めに配ることが大切ですから、これを常に持ち歩くということも良い方法といえるかもしれません。
ちょっとしたタイミングで配ることができるように職場のロッカーに忍ばせておいたり、車の中に積んでおくなどすると効率よくプレゼントをしていくことができることだと思います。